ワードプレス5.0、エディターを使ってみる

2018/12/10
エディタの最初に表示される案内

ワードプレスの5.0が公開されて、更新してみた。本サイトも5.0に更新済み。

投稿時のエディタが変更されているので、ちょっと使ってみました。

「ブロックエディター」と言う形式で、画像や文字列の一行は、改行することで、新しいブロックで編集することになるのですが、、
一つのブロックで改行する場合は、従来のように「Shift」+「Enter」で改行してくらます。使ってみた感じは、以下のとおり。

上図は、本文を記入する部分にカーソルがあるため、右のサイドメニューが対応したものになっているが、タイトル部分を編集している(カーソルを置く)と以下の右サイドのメニューになりました。

※タイトル編集で表示される、サイドのメニュー

でも、慣れていないのでちょっと戸惑いますね。と言うときは、旧タイプのエディターが用意されています。プラグインで用意されているもので、名称は、
Classic Editor」このプラグインをインストールして有効化することで、

旧タイプのエディタ

ということになりました。

WordPress5.0のリリースは、12月7日で公開されています。
WordPress(日本語)ホームページはこちら。