wwwルートにセットしたwordpressを移動

2014/10/26

 使用しているのは、「さくらインターネット」(Typeはスタンダード)のサーバーです。
さくら以外のサーバーでは、以下の方法とは異なると思いますが、こんな感じで移動しました。
 本家の方法は、http://wpdocs.sourceforge.jp/Giving_WordPress_Its_Own_Directory
こちらをご参照いただきたいと思います。こちらのほうが間違いなく、正解ですね。
 こちらにも説明されていますが、ひとつ間違うと真っ白に(頭の中も)なりますので注意が必要ですね。

・・・・・以下、経過です。
 サブドメインでの運用が必要になったや新たなドメインを設定したいなどのことが出てきて、よく見るとwww直下にWordPressをセットしていました。

 そのままで新しいサイトを設置する方法としては、「マルチ化」という方法もあるかと思いますが、わかりやすい方法としては、wwwの下に「site1」「site2」というようにディレクトリを作成して、別々に管理するのがいいのかな?ということで、現行のWordPressをwwwルートから「site1」へ移動することにしました。

  1. もしものためのバックアップ
    www直下の内容をすべてFTPでローカルPCにバックアップ
    phpMyAdminでデータベースをエクスポート
    ここでは、「DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTION / EVENT を追加」に
    チェックを追加してエクスポート(phpMyAdminのバージョンによって表示が違うかもしれません)エクスポート
    もしもの場合にすべてバックアップですね。
    FTPでフルバックアップを取ったときに、ついでに移動先の「site1」ディレクトリを作成しておく。
  2. ブラウザでワードプレスにログインする。(保存するとエラーが出るけどびっくりしない、、、
    管理パネルで 設定 > 一般設定パネルを開いてドメイン設定部分を変更する。
    それまで、ドメイン(http://www.ドメイン.com)を設定していた部分を新しいURLに変更する
    ・・・WordPress のアドレス (URL): http://www.user.sakura.ne.jp/site1
    ・・・サイトアドレス (URL):  http://www.user.sakura.ne.jp/site1
    初期ドメインとサブディレクトリを指定することになる。
    ここで、「変更を保存」をクリックするとエラーがでる。けど、そのまま
    この時点でデータベースのドメイン名等が書き換えられるけど、そこには何も無いからエラーになるのは当然ですね。
  3. FTPでwwwルートにある全てのデータを先に作成した「site1」に移動する。
    ここは、移動(コピーではない)
    この時点で、ブラウザで初期ドメイン(http://www.user.sakura.ne.jp)を開くとフォルダの「site1」が見えているはず。ですね。先に設定しているドメイン(http://www.ドメイン.com)で開いても同じ結果。
  4. 新しいURLにログインする
    http://www.user.sakura.ne.jp/site1/wp-admin/ でログインする。
    とりあえず、「パーマリンクの構造を更新」という説明があったので更新
    .htaccessとの関連があるのかと。(パーマリンク設定をしていない場合は.htaccessがない)
  5. ドメイン設定の変更
    さくらの「サーバーコントロールパネル」から「ドメイン設定」で目的のドメイン
    (http://www.ドメイン.com)のパスを変更する。
    「/」スラッシュになっているものを「/site1」に変更する。
  6. 先のhttp://www.user.sakura.ne.jp/site1/wp-admin/にログイン。
    管理パネルで 設定 > 一般設定パネルを開いてドメイン設定部分を元に戻す
    ・・・WordPress のアドレス (URL): http://www.ドメイン.com
    ・・・サイトアドレス (URL):  http://www.ドメイン.com

 これで、完了なんですが、WordPressCondex日本語版では、この例で言うと移動させた「site1」内の「.htaccess」と「index.php」をサーバールートにコピー(ここは、移動ではなく)して、
サーバールートの「index.php」の中を編集する説明があります。
詳細は、http://wpdocs.sourceforge.jp/Giving_WordPress_Its_Own_Directory

 仮に初期ドメインのhttp://www.user.sakura.ne.jpに接続した場合に、フォルダが表示されてしまうことなく、http://www.user.sakura.ne.jp/site1に向けるという対応ですね。

 この対応で表示されるのURLは、そのままhttp://www.user.sakura.ne.jp/site1になります。表示される内容は全く同じもので、次に何かをクリックして表示するとURLも設定のドメインに変わります。

 この設定にするか、または、サーバールートにアクセスした場合に自動でジャンプさせるためのindex.html置くという方法もあるかと。
 ジャンプ先を指定のドメインにするというのもURLが変わらなくていいかもしれません。