Windows7 システムの復原

2014/11/19

※以下の作業をされる方は、自己責任で!
システムの復原作業をすると消えるデータが必ず出てくるものですね。それらは、自己の責任で行ってください。データが心配な場合は、事前にバックアップを作成するなどの対応が必要かと思います。

 今回の復原作業は、とある物を検索してそのページを表示したことから始まったことですが、
実際にどこのページを見たことで始まったか?というのは、閲覧履歴を見ればわかることですが、
そのサイトは、国内企業ホームページで内容は十分役に立った内容を公開されていたので、、、

 必要なデータは、事前に外付けのHDDにコピーして、バックアップを完了して行ったものです。

 ブラウザを開くといきなり「ダウンロードページが表示」されたり、ブラウザ上に「あなたのパソコンは危険な状態です」みたいなフラッシュが出現する。
 ひどいのは、ブラウザ上に表示された文字に勝手にリンクが表示されて、そのリンク先は、ダウンロードページだったり、画像にリンクがある場合、マウスオーバーでダウンロードサイトへのリンク画像が表示されるなど、何がどうなってるのか調べるのもいやになるような現象が出てきたので、

 ここで、その現象がでてきた以前のときのWindowsのシステムに復原してみようというのがきっかけです。

 「システムの複眼」を起動するのは、msconfigの画面から起動しました。
「ツール」タブの「システムの復原」を選択して「起動」システムの復原を起動する

起動すると、復原ポイントが出てきますが、下の画像は復原後に再度表示したものです。
19日の午前0503に復原作業を行っていますが、今回の現象が出たのは、18日で、その以前の16日のものに復原してみました。
 また、もっと以前のものに復原したい場合は、下の「他の復原ポイントを表示する(M)」で以前のものも表示される。

システムの復原その2

 これで、「次へ」と進めていくと、システムの初期化が行われて、再起動されます。

 再起動後、ログインすると、以下の完了画面で終了。
変なページが表示されたり、ブラウザ上にフラッシュが出現したりの現象は、この作業で消えました。

システムの復原完了メッセージ