マンションタイプの部屋のWiFi設定

2013/03/24

家族の引越しでやってみたWiFi設定

 今の時期、引越しシーズンですよね。マンションの前は引越しの車でいっぱい。娘の引っ越しで、WiFi設定。

 新しいマンションに行ってみると部屋にはLANコンセントがある。「インターネットは利用できる」とは言っていたので、とりあえず、パソコンをそのまま、LANケーブルを繋いでみると、インターネットが利用できる。(当然かぁ!)

 ということは、WiFiも使えるように!という、娘の要求になんとかしなきゃということですが、この回線がどんな回線を使用しているのかなんて調べるのが面倒だ。要するに、HUBで分配できるかできないか?
 分配できれば、無線LAN親機をアクセスポイントモードで動かせば、WiFiを使えるのでは?という単純な考えだけど、、

 とりあえず、以前から使っていたB社の無線LAN親機をリセットして、一旦、電源を断、LANコンセントから、無線LAN親機のインターネット接続ポートではなく、HUBポートに接続して、再度電源ON。
 別のHUBポートにパソコンを接続して、無線LAN親機をHUBとして動作するように接続してみた。それで、パソコンからインターネットが利用できる!
 これで、HUBで複数台使用できる環境はあるということだ。やったね。

 あとは、IPアドレスの状態は、どうなってる?ということ。パソコンのコマンドプロンプトでipconfigを調べると、IPの状態がわかる。

無線LAN親機にログインする。

ここで重宝するのがB社の「エアステーション設定ツール」。LAN上のエアーステーションを見つけて、設定画面にアクセスできる。

 無線LAN親機のトップ画面で「ルーターモードOFF(アクセスポイントモード)」になっていることを確認。

 設定で、気になるのは、ゲートウエイとDNS設定だけど、通常のパソコンでは、自動取得で問題なく動作するけど、無線LAN親機はどう?ということで、とりあえずスマホでWiFi接続して、ネットが使えるか確認したけど、ダメ~。
 ということは、ゲートウエイかDNSだ。

 先のipcofigの内容で、実際にネット利用ができる接続状況がわかるので、無線LAN親機の設定でDNSを手動設定に、ゲートウエイは自動取得で問題なく動作してるでしょう。それで、スマホで確認して、ネット接続OK!

 パソコンも有線から、ワイヤレスネットワークに変えて、接続を確認。

 あとは、rootパスワードを初期値から変更して、設定完了!

マンションタイプ?なのかどうかわからないけど、部屋にあるLANコンセントからWiFi設定でした。
 ちょっと、考えたけど、、、いい勉強になりました。でも、引越しは、できるだけ勘弁してほしい。本人は楽しいだろうけどね。