インスタグラムに動画をアップしてみた

2020/10/09

 インスタグラムに動画をアップするには?

たぶん、スマホのカメラで撮影すれば、いいのかと!?

実は、自分ではやったことがないのです。

撮影した動画を短く「編集してアップしてみたい」と思ってやってみました。

ネットで検索してみると「パソコンからは動画のアップは出来ない」というのがありまして、インスタグラムのPC用のソフトでも動画をアップするというようなメニューは見つからないようなので、パソコンで動画を編集し、編集した動画をiPhoneに転送することに。

 

①動画編集(今回は1カットのみ)EDUS9を使用。

動画のサイズは、縦横比が1対1でサイズは、600px-600pxで作ってみた。形式はMP4で保存。長さは、13秒程度、この段階でのファイルサイズは、PC上で30.2MB。

 

②iPhoneへの転送、、メールで転送は容量的に無理。

これを使用することに。FlashDrive、iOSとPCに対応したメモリースティックだけど、なかなか便利です。

PC(Windows10)には、USBで接続するので通常のUSBメモリーと同じ扱いになるし、iPhoneには、Lightningコネクタで接続すればアプリが自動で選択されるのでダウンロードすればインストール完了。

上記の写真のつまみを左右にスライドすれば、LightningコネクタとUSBコネクタが両方に付いているもの。

iPhoneに接続して、FlashDriveから本体のメモリーに転送すれば完了。

 

③インスタグラムへのアップロード。

通常にログインした後は、左上の+をタップする。

以前は、一番下に表示されていたと思うけど、なぜか左上。

そうすると次の画面。この中で通常の「投稿」をタップすればアップできる。

この中の「ストーリーズ」以下の項目は、わからないのでこれから調べてみようと思います。

「投稿」をタップするとiPhoneの中にある写真や動画が表示されるので通常にコメント書いたりしてシェアすることで公開されます。

今回は、13秒の動画を選択したところです。

 

◎その他

動画の解像度については、1200×1200pxというのもあるようなことを見ましたがそれより容量が少ない方がいいのかな?ということで、600×600pxで作りました。1200pxについては、アップロードのテストは行っていません。

EDIUSの設定では、「プロジェクトの設定」でフレームサイズをカスタムで選択することで、アスペクト比を1:1にして、縦横サイズが設定できました。ただし、正確な設定方法なのかは、不明です。

 

以上、手探り状態で行ったものなので参考にはならないかと思いますが自分のメモ書きのつもりで残すことにしました。